モバイル用 サイトへ移動
 
レジュメ東京のサイトマップ レジュメ東京へメール レジュメ東京のホームへ
レジュメ東京ブログの「英語面接対策ガイド 」

レジュメ東京の専門者が教える英文履歴書、英文カバーレターなどの作成方法。
外資系企業へ就職・転職の為の英文レジュメ、英語による書類に関する最新情報、Q&Aなど。

英文履歴書/英文カバーレターなどの代行サービス

目次
1) 英文レジュメ・CVの書き方ガイド
2) 英文カバーレターの書き方ガイド
3) 英語の面接対策ガイド
 
面接事前の準備
 
面接当日の準備
 
面接中の行動
 
面接によく聞かれる質問
 
担当者に聞いてよい質問
 
面接中、あなたが答えたくない質問を担当者が聞いてきた時
 
面接後の連絡など
4) 外資系就職/転職・海外就職ガイド

5) レジュメのサンプル200件
6) カバーレターのサンプル100件
7) レジュメの書式サンプル10件 


Job Interview「英語の面接対策ガイド」
レジュメとカバーレターはよく準備できたと思います。これから面接という壁にぶつかっているでしょうが心配の必要はありません。面接の段階まで来れたら、採用担当者の注目を受けていると思います。あなたのレジュメとカバーレターは気に入っているから面接も頑張りましょう。この面接ガイドを読んで、面接を成功できたら、あなたのドリームジョブをゲット出来ます。


英語の面接事前の準備
1) 会社をリサーチする:面接の前にいくつかの事をしなければなりません。先ず、会社の事を調べて、ある程度研究をしてください。その会社で働いている友達、知り合いがいれば聞いてみるのも一つの方法です。また会社のホームページがあれば、サイトにアクセスすればかなりの情報が分かると思います。

2) 職種・職位のリサーチ:応募した職種・職位の役割、事業の責任などを調べて、今までの経験と比較して類似点を考えてみてください。
詳細はこちら


英語の面接当日の準備
面接の前の日はよく睡眠をとることは大事です。そうすると疲れた顔にならずに元気よく面接に参加できます。面接当日は事前に準備したノートを読み、面接ガイドのサンプル質問のお答えを復習してください。各面接に時にレジュメのコピーを6部以上持ち参加することを勧めます。面接の時に担当者がレジュメを要求すればすぐお渡しできます。面接に相応しい服装で参加してください。下記の面接のドレスコードはアメリカ、イギリス及び日本の外資系企業の採用担当者が気にすることです。これは国、会社、企業種によって変わる場合がありますが面接に相応しい服装を着て面接に参加することによってよい印象だけを与えることが出来ます。
詳細はこちら


英語の面接中の行動
着席後よい姿勢を保ちながら、テーブルの近くになって面接の話に興味を見せることは大事です。質問に答えるときに面接の担当者と出来るだけ軽い笑顔でアイコンタクトを取りながら話してください。その答えにサポートできるような例も取り上げてください。(例:「以前の会社の経験では・・・でしたのでその会社の為に・・・このように役に立った」のように例を取り上げながら答えてください。)面接の担当者が “What would you consider as your greatest strength?”と聞かれた場合は “I am a hard worker” と答えたらあまりインパクトがありません。
詳細はこちら


英語の面接によく聞かれる質問
面接の前に下記質問の回答を全てを準備しなければなりません。新卒の場合と途中採用の場合の質問がある程度違いますが特に新卒の場合の質問だけが緑色で表示しています。
1.What are your future goals?
2.What did you like most/least about your previous job?
3.What do you know about this job and this company?
4.What could you contribute to this organization?
5.Tell us about your major achievements in your career?
6.Tell us about how you coped with a major problem/situation?
6.~35.の詳細はこちら

35点までの答えを準備すれば完璧な面接対策になり、面接成功の可能性は高くなります。


担当者に聞いてよい質問
面接の終わりになったら、担当者が“Do you have any questions?”「質問などありますか」と聞いてきます。最も悪いお返事は”No“「いいえ」と答えることです。疑問に思っている会社のことなどを聞ける機会になるし、会社のこと及び仕事に興味を持っていることをアピールできるチャンスにもなります。少なくとも5質問ほど事前に用意してください。
下記のサンプル質問も参考に出来ます。
1.What is the most challenging aspect of this career or position?
2.What do you look for in people you hire?
3.How are employees evaluated?
4.What is the promotion system?
5.Who is your major competitor?
6.~21.の詳細はこちら

21点までの質問を準備出すれば完璧な面接対策の成功が実現出来ます。


英語の面接中、あなたが答えたくない質問を担当者が聞いてきた時
下記の1~5の質問する会社はありますが6~11までの質問する会社ほとんどありません。時には6~11の質問する担当者がいるかもしれませんがもしあった場合はその担当者と会社の印象は悪いと判断できます。出来るだけ自分のプライバシイを守りながら担当者の質問に答えるようにしてください。どうしても言いたくないことでしたら丁寧に断ってください。または質問に答えずに別の返事をしてください。
詳細はこちら


英語の面接後の連絡など
面接後は必ず“Thank you letter”手紙、はがき、メールを担当者へ「面接の機会を与えてくれてありがとう」のレター送るようにしてください。1日、2日以内に必ず送ること覚えておいてください。このレターを送ることによって、あなたはまだ会社及び応募した仕事に興味があることをアピールできます。
詳細はこちら

レジュメ東京の専門スタッフは効果的な“Thank you letter”も作成しておりますのでご相談ください。


外資系就職/転職・海外就職ガイド 英文カバーレターの書き方ガイド

英文レジュメ・CVの書き方ガイド 英文履歴書/英文カバーレターなどの 作成代行

高品質で効果的な英文レジュメを作成サポートいたします。

英文履歴書/英文カバーレターなどの代行サービス

自信を持って提出できる魅力的な書類及び高品質のサービスを提供いたします。
お客様からのご連絡お待ちしております!

 
© All rights reserved. ResumeTokyo.com. 2015. プライバシーポリシー | 利用規約